ボディカルは痛いの?顔には使用出来る?

hれdtjfh、jh

 

 

たった3週間でウエストを5cmも6cmも細くしてくれると話題のボディカル。ただ脂肪をもみほぐすだけでなく、筋肉も鍛えてくれることで、その効果が期待出来るようです。筋肉を鍛えてくれるのはEMSを搭載しているからなのですが、このEMS、電気による刺激ということで、痛いのでは?と心配になる方も多いと思います。また、実際に痛いと感じている方も・・・。

 

使い方によって痛みを感じることがあるようですね。

では、痛みを感じる理由と、痛くない上手な使用方法を追ってみましょう!

 

ボディカルは使うと痛いって本当?筋肉痛もある?

 

ボディカルを初めて使われる時、ピリピリしたり痛みを感じることがある方がいます。いくつか原因がありますから、原因と解決方法をあげてみます。

 

原因⑴ ローションが満遍なく塗れていない

 

ボディカルのEMS機能は電気刺激を筋肉に与える働きをしています。

人の肌というのは電気を通しにくくなっているのでローションを塗って電気が通りやすいようにします。ですからこのローションが満遍なく塗れていないとローションが塗れている部分に電流が集中して、刺激が強くなってしまうのです。

また、ローションは少なすぎても多すぎても、電流刺激や摩擦による痛みを感じてしまいます。ローションが満遍なく、適度に塗れているか確認してみましょう。

 

原因⑵ レベルの強さが合っていない

 

ボディカルは、脂肪をほぐすだけでなく、筋肉を鍛えてくれます。この筋肉がまだあまりついていない時に、高いレベルの刺激を与えると、痛みを感じます。また、脂肪が薄いところも痛みを感じます。

はじめのうちは、弱めのレベルで試していきましょう。それでも痛みはなくても刺激を感じると思います。それが慣れてきたらレベルを上げるようにするとよいでしょう。

ただ、脂肪の厚い方はいつまでも弱いレベルでボディカルを使っていても効果を期待出来ません。早めの段階で、レベルを切り替えていくようにしましょう。

 

筋肉痛はあるの?

 

筋肉にきちんと刺激が与えられれば、筋肉痛か起こります。反対に、筋肉痛が少しくらいでも起こってくれないと筋肉が育っていないということなので、こちらはあった方が良い痛みになりますね。ボディカルで受ける刺激は、そこまで強いわけではないので、日常生活に支障が出る程痛くなることはありません。安心してください。

ですが、あまりにも痛い場合は、刺激が強すぎるということなので、レベルを下げてくださいね。

 

 ボディカルは顔にも使える?

 

ボディカルは顔には使わないようにしましょう。サイズも大きすぎる気がします。

取扱説明書にも、顔には使わないようにと書いてあります。

理由はいろいろ考えられますが、電流を流すので顔のような細かい筋肉や血管、薄い皮膚などは傷ついてしまうからでしょう。また、低温火傷などになって、シミが出来てしまっては大変なので、使用は避けておいた方が良いですね。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ